2015年08月14日

悩ましの宿

旅の記録、悩ましシリーズ。
早くも第2章です。

初めこそ行き当たりバッタリで泊まっていましたが、安宿専門のわたくしたち。

どうも高いんじゃん?

っと言うことになり、前もって次の安宿をネットで探して予約すると言う知恵をつけました。

そこで見つけたバスタブ付きの安宿。
そこで湯船に久しぶりにつかる事を夢見て車を運転。



が、しかーーーし!!!




やっぱり簡単には行かなかった。




ナビに出てこない住所だったので、迷って迷って
着かない。着かない。

街の広場で日光を楽しんでいるご婦人にたずねたら、
その方がまた別の方に頼んでくださり、
その人は私と一緒に様々な方にその宿をたずねてくれました。
最終的には、1人の方がiPhone現地バージョンで探して電話までしてくださり、
オーナーが鍵をもって宿の前で待っていてくれると言う事になりました。


ややこしいけど、とにかく総動員で探してくれ、見つかったのです。



やっと入った宿はとっても広くてビックリ。アパートの一室だったのです。
はっきり言って日本の我が家より広いです!

IMG_2395.jpg

でも、街歩きに出かけて帰ったら今度はエントランスの鍵が開かなくて四苦八苦。

とうとう遠くに住む管理人のおばちゃんに、助けに来てもらいました。
おばちゃんは、ご主人と一緒に油差しを持って来てくれました(笑)

そして無事部屋に。
もう外出するものか。って感じですが
その後の出入りはスムーズでした。
おじちゃん、おばちゃんありがとう。


そーんな悩ましの宿の、夢のバスタブにはキャップがなく、
お湯を貯める事ができませんでした。

おしまい。

posted by 似非子 at 16:39| Comment(6) | ただの毎日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あらららら〜。似非マダムの旅もかなりのハプニング続きねぇ。私のハノイとどっこいどっこい?笑。
今回の北国はエセノボセ君のお仕事なのかしら?

ナビに出て来ない住所って事は、よっぽど人里離れた山ん中なのよね?…で、結局バスタブの栓がないというオチ!!!(〃艸〃)お疲れさまです。笑。でも旅は悩ましい方が後々記憶に残るわよハート
Posted by たろママ at 2015年08月15日 07:33
たろママさんへ

こんにちは!!!
逆なんです逆。
めっちゃめちゃ町のど真ん中。
すんごい細い石畳の道を通らなくちゃいけなかったし、
道が細いから車を停めるところがなくて人に聞くにも聞けず。。。笑

でもホント、苦労した方が覚えているわ。
はっきり言ってフィンランドのまったり旅のことは既に記憶から遠くなっています。爆

Posted by 似非子 at 2015年08月15日 14:31
すごい珍道中だね〜。爆
なんかむかしで言うバックパッカーみたいな精神。笑
子供連れだと冒険はできないけど、大人だけだとこういう旅もいいわね(⌒▽⌒)
よかたいくん、一緒に来たくなかったの?
なんか将来のトーマスもこんな感じかと思うと。。。寂しいわ。笑
ヘリも大切にしないとね
Posted by Leah at 2015年08月16日 06:20
なんか皆さん優しいですね♪ハプニング発生しても周りが優しいと乗り越えちゃいますよね〜。
油差しで出入りがスムーズになって何よりです(`・ω・´)
お湯溜められなかったのは残念ですが…´д` ;
これもまた旅の醍醐味!ってことで楽しんで下さいね〜( ´ ▽ ` )ノ
Posted by ロルコ at 2015年08月16日 17:30
Leahさんへ

こんにちは。
そうそう。バックパッカーと同じよ。私たち。
お天気に合わせて西へ東へ北へ南へ。なの。笑
こんな事出来るのも子供が成長した証なんだけど、毎日FaceTimeすると、もう切るよ。と言われてこっちが寂しいです。
Posted by 似非子 at 2015年08月18日 03:22
ロルコさんへ

こんにちは。
そうそう。みんな優しくて︎
フィンランドの人は丁寧に優しいですがデンマークの人の方がフレンドリーに優しいです。
今はコペンハーゲンに移動中で、車の旅もおしまい。っと言うわけで、もうハプニングは卒業。の、はずです。笑
Posted by 似非子 at 2015年08月18日 03:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: