2015年11月16日

ピチカート・ファイヴ 東京

「戦争に反対する、唯一の手段は、各自の生活を美しくして、それに執着する事である」


っという短い歌詞の歌を、ピチカート解散後の1周年記念(?)トリビュートアルバム『東京』で小西さんが発表しています。
このコトバを言ったのは吉田茂元首相の息子だか孫だかの吉田健一さんらしいですが
小西さんらしい軽快な音楽でまとめています。
もちろん歌っているのはノミヤマキちゃん。

テロがあちこちで起こっている昨今、
いつ戦争に突入するか分からない現状。

でも、わたくしは、この歌(言葉)に感銘を受けているので
もちろん今回のパリのテロもそうですが、レバノンで起こったテロも含め
戦争にならないために、自分の生活を美しくする事に執着したいと思っています。
みんながそうしたら、戦争にならないっとまで言ったら大げさかもしれないけれど
一理あるというのがわたくしの考え。

ですので、これからも似非子の生活っぷりを正直にお伝えして行こうと思っています。


世界平和を祈って。


似非子
追伸:今日は下らないお話を投稿してしまって不徳の致すところであります。
今後予約投稿には気をつけます。




posted by 似非子 at 00:03| Comment(8) | ただの毎日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
世界平和、きっと難しく考えなくても、身近なところから始めたらいいのかもね。
先ずは自分が自分の生活に誇りを持って凛としていれば、ちょっとした社会のいざこざからも遠ざかれる気がする。
Posted by Leah at 2015年11月17日 01:05
Leahさんへ

そうそう。
私もね、まずは自分と自分の生活に自信と誇りを持つことだと思うの。
よく親から人の事羨ましいって思うんじゃありません。
あなたの事を羨ましく思う人もいるんだから。って言われたの。
だから、隣の芝生が青く見えても、自分に誇りを持って生きているつもり。
吉田健一さんも、そう言う事を言っているんだとおもうわ。
お互い自分の家族を大切に自信を持って生きようね!
Posted by 似非子 at 2015年11月17日 14:20
この頃私も考えていた事です。
自分の衣食住を充実させて生きている人はテロ行為に走るだろうか?と。
いや走らないきっと。
と思いつつも、これって今の日本でお気楽に生活出来ている人間の考え方なのかな・・・とちょっと自信がありませんでした私。
でも似非子さんの投稿を読んでやっぱりナットク!でした。
ありがとうございました。
宗教とか思想よりも自分たちの土地と水の充実を、という思いに行きつきます。






Posted by cacaoberry at 2015年11月17日 17:58
cacaoberryさんへ

こんにちは。
共感して下さってうれしいです。
10年以上昔のアルバムなんですが、本当に言い得ていますよね。
っと、感じられるわたくしたちは、
宗教や言葉、思想を超えて、世界中の人達と手を携えていけると信じています。
まずは自分。っと言うと、自分勝手に聞こえるかも知れませんが、
しかし、一人一人が自分を大切に生きる事が全員に広がったら、本当の平和につながるとなる思います。
微力かもしれませんが、私たちも自分を囲む自然を大切に生きる側に入ったという意識で平和を願いましょう。

Posted by 似非子 at 2015年11月17日 19:44
自分の生活を美しく。その通りですね。
日本は平和ボケしてるんでしょうけど、全世界平和ボケしてくれたらどれだけ平和かと思います。ほんとに。
こう考えるのは日本にいるからなんでしょうけどね…。
世界が平和でありますように、祈るのみです。
Posted by ロルコ at 2015年11月17日 19:46
ロルコさんへ

こんにちは!
生活を美しくって、人それぞれの美しさがありますよね。
三者三様、十人十色の美しさが素敵なんだと思います。
ほんと、世界中が平和ボケしてくれたらいいですよねー。
そんな日が来ることを願ってやみませんが、なかなか負の連鎖は断ち切れませんね。悲

Posted by 似非子 at 2015年11月17日 22:38
そうよね、自分の生活に執着していたら、他人の事を気にする余裕はないわね…。私も常日頃世界が平和である様に思っているけど、これと言って何もしておりません…。が、地に足を着け、他人を羨むことなく地道に生きる事を心がけております。みんながみんなを思って行動すれば、争いも行らないのでは…(って、小学生の標語か。汗)
Posted by たろママ at 2015年11月19日 08:30
たろママさんへ

こんにちは。
小学生標語良いと思います!!!
そのくらいシンプルな事なんだよね、きっと本当は。
子供が自分が生きていくのに精一杯なように、(でも他の子のおもちゃ欲しがったり愛情独り占めしたがったりはダメ!)
わたくしたちも、地に足をつけて、地道に生きましょう。



Posted by 似非子 at 2015年11月19日 16:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: