2016年10月22日

銀の鈴

最近携帯電話からブログをアップしているんですが、
タイトルに「きんのすず」って入力したら、
勝手に「銀」の鈴に変わっていました。

ま、それでもいっか。
ってか、そっちの方がある意味正しいし。
って内容なので、タイトルは携帯さんが考えてくれた
『銀の鈴』にします。



前振りが長くなり、申し訳ない。

さて、本題に入ります。




先日、ネットでお買い物をしました。

ブツの名は、ゴールデンベル。

はい。分かる方はここで分かりますね。
でも、マニアックでない普通の方のためにゴールデンベルを説明します。

え?説明いらない?
そんな事言わずに読んでくださいよ〜〜。


ざっくり言うと、我が家の大好きなフィンランド人デザイナー、アルヴァル アールトがデザインしたartek社の照明器具です。

そうなんです。
またしても、天井からぶら下げるものが増えてしまいました(笑)


あ、それでね、
ゴールデンベルって言うからには金の鈴なんですよ。本来は。
でも、
今回わたくしは、それのクローム(クロム)版を買ったので、
携帯さんの示す通り、銀の鈴なんです。

638819A0-3DF3-45EC-A55D-3FB60FB7B20F.jpg

奥に見える緑ふれあいコーナーには、
正真正銘の金の鈴が下がっています。
手前のが、今回やって来たクロムのゴーデンベルです。


これ、よーく見ると形が違いますでしょ?
オリジナルの形はクロムの方なんです。
真鍮の方は、オリジナルに不具合が多かったので、改良して作られたゴールデンベルなんです。

ですので長らく真鍮の方の形がゴールデンベルの主流だったのですが、
2007年にオリジナルの形を復刻!
(現代の技術で不具合を解消したのでしょう)
価格もぐーんとお安くなっての復刻なので、消費者には嬉しいニュースでした。


でも、ま、
我が家は2代目のゴールデンベルが好きだったので、こいつを多灯づかいするとしても、4枚シェードになったA330を買い足すだろうと思っていたところに見つけてしまった格安クロム。
馬鹿な似非子は飛びついてしまった訳ですが、届いたものを見て、買って間違い無かった!と、確信。


人、それぞれ、お金をかける場所が違いますよね。
我が家は何となく、こんな物が好きなんです。。。



と、言うアップしようかしまいか、悩んでいたブログのアップロードでした。



posted by 似非子 at 17:59| Comment(4) | ただの毎日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

銀の鈴、かっこいいです〜〜★★
照明がたくさんあるのもうらやましいのですが、それらをとっても素敵に使われていて雑誌に出てくるお部屋みたいです。

モノにも縁ってありますもんね。
似非子さんのお宅に来るべくして来た銀の鈴だったんですね。
Posted by シュガー× at 2016年10月22日 21:11
銀の鈴って…東京駅の待ち合わせ場所の話かと思いました。笑
…ってか、オシャレ似非子さまがそんな訳ないかと思いつつ…^_^;
こんなにオシャレな照明器具があっちゃこっちゃにある似非子ハウス。是非内覧会などしてほしいものです。(行けないけど…)
4枚シェードのA330…謎です。

前記事のウイスキー話。通はツーフィンガーまでしかグラスに入れないのね。8分目まで入れたらバカだと思われちゃう…。1つ勉強になったわ〜。
Posted by たろママ at 2016年10月24日 09:04
シュガーさんへ

こんにちは。
本当! 物にも縁がありますよね!
シュガーさんちの椅子とか、、
銀の鈴も来るべくしてやって来たんだと思いまーす。

我が家(笑)、色んなものがぶら下がっていますからね。ははは。もう、ここまで来ると、合う合わないは、関係ない感じで、おもちゃ箱みたいな感じです。
Posted by 似非子 at 2016年10月27日 23:19
たろママさんへ

こんにちは。
東京駅の銀の鈴(爆)
ナイス突っ込みです!

A330は、奥の金の鈴の型番です。
分かりやすいかな?と思って書いたら、余計分かりにくかったですね。
失礼いたしました。
で、我が家でしょ(笑)
ほんと、あっちゃこっちゃに吊り下がっているの。
ブログに全貌を載せることは無いけれど、内覧会にお越し下さっても良いのよ。(遠すぎだって。)
でもね、本当は本当に、ただのごちゃごちゃした家よ。

Posted by 似非子 at 2016年10月27日 23:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: